キュービクル式高圧受変電設備とは

キュービクル式高圧受電設備(キュービクル/きゅーびくる/Cubicle) 発電所から変電所を通して送られてくる6,600Vの電気を100Vや200Vに変圧する受電設備を収めた金属製の箱の事を指します。
高圧受変電設備そのものには閉鎖型と開放型がありますが、技術の進歩に伴い各機器の簡素化や省スペース化、設置・保守コストなどに優れたキュービクル式高圧受電設備=閉鎖型が一般的になっています。
開放型は、最近では少なくなりましたがビルの1室に専用の変電設備を設けているといったタイプのものがそれにあたります。
キュービクルはどんな時に必要? 通常、一般家屋では電柱から線を引き込み、各家庭の配電盤を通してコンセントなどまで電気を繋ぎます。
この時電柱までの電圧は6,600Vと非常に高圧でこのままでは利用できません。そこで、電柱にぶら下がっているバケツのようなものが一般家庭で使えように100Vや200Vに変圧しています。
しかし、このバケツ(柱上変圧器)で変圧出来る容量には限りがあり、 多くの電気を必要とする商業施設や、店舗、工場、オフィスビルなどでは容量が足りません。
こうした電気を多く使う場合に高圧受変電設備が必要になってきます。
高圧受変電設備は開放型よりメリットの多い閉鎖型であるキュービクル式が多く選ばれています。